2014年10月21日

なぜ今ふたたび昭和荘なのか‥‥

「またいつかお会いしましょう」という形で幕を閉じたこともあって 初代「昭和荘」の閉鎖から6年あまりの間 事あるごとにいろんな方から「まだやらないの?」とか「もうやらないの?」と尋ねられ そんな時は決まって「ん〜 いつかやるかもしれないし やらないかもね」とお茶を濁してきました。初代「昭和荘」を始めた時もそうでしたが こーゆーのはタイミングがとても大切で その「タイミング」ってヤツの中には「時流を読む」的な要素ももちろん含まれるんですが 何より管理人の「ヤル気」が重要でして ヤル気の源にはある種の「勝算」みたいなもんが必要なわけです。で その勝算の源は「単なる勘」だったりするんですが 初代の閉鎖から6年以上が経った今 なんとなーく「やるなら今かも」という勘がナゼか突然働いたわけです。

 ただ 管理人には「あの素晴らしい昭和荘をもう一度」などという懐古趣味的な思惑は一切なく「まったくの別物になっても構わない」いやむしろ「別物になるのが自然でしょ」ぐらいの気持ちなのであります。もしかしたら入居を希望する人なんて1人も現われないかもしれないし 運よく人が集まったとしても 年に1本とか2年に1本しか配信されないかもしれない。「でもそれはそれで面白いんじゃない? だってポッドキャストって元々そーゆーもんだし」‥‥と ここまで書いて気づきました。この「どーなるかわかんないけど どーなったとしても面白い」という一見無責任で やけに楽観的な展望は 初代「昭和荘」を始めた8年前とまったく同じで それこそが僕の言う「勝算」なんだ と。

 ま そんなわけで 予測不能の舞台の幕が今 切って落とされようとしています。管理人のひげは管理人室で1日のほとんどを居眠りしながら過ごす事になると思いますんで 住人の方々もどうかゆる〜い気持ちで ここでの生活を楽しんでいただければ と思います。なお 今回は部屋数の制限を設けません。つまり何人でも入居可。人が増えればどんどん増築します。入居も退居も自由です。配信の内容も公序良俗に反しない限り何でも可です。入居希望は常時受け付けてますので メールか Twitter か Facebook を通じてご連絡ください。

昭和荘管理人/ひげ
posted by 昭和荘 at 04:05| Comment(0) | 【管理人室】 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください